障がい者施設と防災

現在、藤沢市で障がい者通所施設「湘南むぎばたけ」が工事中です。
また、東京では障がい者のグループホームの設計が進んでいますが、
それぞれさまざまなご要望を頂いている中で、どちらも防災に関してのご要望が目立ちます。

必ず来るであろう首都圏の震災に対し、準備をしておかなければなりません。

特に、障がい者や高齢者、幼児など、避難が困難な方々のための施設の設計を多くお手伝いさせて頂いているなかで、最近特に防災対策を施す必要があると感じいています。

先の3.11東日本大震災の時も、施設から帰宅する事が困難になった方々が多くいらっしゃったと聞きます。障がい者施設などは、数日過ごす事も考慮した対策を講じる必要があると思います。

障がい者の方たちにとって、避難所への移動などが困難な場合は、施設内で過ごす方が慣れていることもあって精神的にも安定するでしょうし、避難所もでの生活も、難しい面があります。

まずは、備蓄が大切です。
そのためには、備蓄のスペースの確保。また、何をどれだけ備蓄するかを考えなければなりません。

ちなみに、備蓄の3大要素と言われているのが、

1.水
2.食料
3.トイレ

なのだそうです。

水は、ペットボトルや雨水の再利用、受水槽などが利用できます。
ペットボトルの水は、賞味期限がありますので、期限切れのものはトイレで流す水などにもつかえます。

食料については、最近、水を必要としないものも多くあります。そのまま食べれるものがあると便利です。

また、食事を作る際の熱源も忘れてはいけません。
カセットコンロのボンベや薪、灯油など。

今、設計中のグループホームは、暖炉を置く案も出ています。

トイレについては、災害用トイレやポータブルトイレがあります。
災害用トイレは、マンホール型を外部に用意しておくと良いと思います。

ポータブルトイレもデザインの良いものがあります。



↑ カナダ人のデザイナーがデザインしたポータブルトイレです。
なかなかオシャレ。

災害時には、デザインは関係ないかもしれませんが・・・


いずれにしろ、「備えあれば憂い無し」です。





コメント
コメントする








   



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発行の書籍。高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集。

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode