建築探訪─狙个糧術館〜


先日、宇都宮の保育園の検査に行った際に、那須にある石の美術館に行ってきました。



設計は、隈研吾氏。2001年にはイタリアで「世界石建築大賞」に選ばれた建築です。

米を貯蔵していた古い石蔵の再生と、新たに3棟の建物から成る石の展示空間です。
地場産の芦野石をふんだんに使用し、様々な石の可能性を追求しています。



ミュージアム内は、石と水から成る空間で、非常に単純明快です。
樹木などの緑を入れたくなりますが、そういった有機的なものが無いところがまた良い感じです。


通路↓




ギャラリー↓


建物の内部まで水を引き込んでいます。

「同一の素材がいかにも多様なものとして出現するかということに興味があった」と隈研吾氏のコメントにあるとおり、さまざまな石の使われ方がされています。



組積造の壁に、薄くスライスした芳野石が光を透す。

照明を消すとこんな感じ↓



ミュージアムの一角には茶室があります。
  

            

柱も芳野石ですが、高温で焼く事により、壁とは異なった表情を出しています。



↑ライブラリー
石についての様々な資料が展示して有ります。

トイレブースも石↓




ひとつの素材が持つさまざまな表情というか可能性がわかります。

近くに、同じ隈研吾氏設計の「那須歴史探訪館」と少し離れていますが「那珂川町馬頭広重美術館」が有ります。今回は石の美術館しか時間が無く行けませんでしたが、またの機会に他の建築もぜひ行きたいですね。






コメント
コメントする








   



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発行の書籍。高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集。

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode