かながわソーラーバンクシステムの新型プラン

かながわソーラーバンクシステムの新型プランが選考されたとの記事が今日の新聞にでています。




新型プランの概要は、太陽光発電設備を設置する県民は、販売価格として一律「8万円+補助金相当額」を支払い、設置後は買取期間(10年間)中、発電量を県民と事業者が2:8の割合でシェアするそうです。

また、設備の所有権は設置当初から県民に帰属し、10年後には、発電量はすべて県民が使うことができるとのこと。
   



↑神奈川県のHPより
参考HP→ http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p495170.html


提案したのは、株式会社DMM.comという会社です。
今年の2月からすでに、「DMMソーラー」という名で展開をしています。

計算上は、4年で初期負担分は回収できるしくみになっています。

ただし、事業採算性が見込めない場合は設置ができないこともあるそうなので注意です。
設置の条件は、

     1.発電量(日照量・屋根の形状)が規定に達する
     2.10年間の契約を行うこと
     3.築30年未満の家・建物の所有者であること(または同意を受けていること)
     4.インターネットを使える環境が整っていること
     5.補助金制度の利用に同意すること
     6.設置費用8万円と補助金相当額を用意できること

実質8万円という額は、ソーラーパネルを設置するには安く感じますし
そんなに無理な額ではないような気がします。

あとは、従来型の設置か、この新型プランが良いかは様々な条件を考慮して計算しないと
答えは出ないのかもしれませんが、パネルの普及という点では面白いのではないでしょうか。



コメント
コメントする








   



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発行の書籍。高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集。

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode