建築探訪А善都宮美術館〜

今回の建築探訪は、前回のブログでかいた「フィンランドのくらしとデザイン展」を行っている宇都宮美術館です。



設計は、岡田新一氏です。
岡田さんといえば、最高裁判所、警視庁本庁や東大病院などが有名です。

宇都宮美術館は、「うつのみや文化の森公園」の中に有り、駐車場から少し歩くとエントランスが有ります。ちょっと上り坂なので、軽く息切れしましたが、すばらしいロケーションです。



ちょっと、寝転がりたい感じ。

エントランスの際は中庭になっていて、クレス・オルデンバーグ「中身に支えられたチューブ」が出迎えてくれます。



きれいな芝生の緑が赤と白のオブジェを際立たせています。


エントランスを入ると、ホールになっています。
天井からルーバーを介して優しい光が注ぎます。


内部の廊下。
内外装の一部に地元の大谷石を使用しています。



展示室に入る前の空間です。

落ち着いたいい空間です。
これから展示物を鑑賞する期待感を静かに増してくれます。

展示の途中に休憩コーナーがありましたが、ガラス張りで林の中にいるような
空間です。時間があればもう少しゆっくり休憩したかったです。



展示室を出ると雑木林の庭に面した廊下を進みます。
下屋のシャープなデザインがいいですね。

「フィンランドのくらしとデザイン−ムーミンが住む森の生活」展は前回のブログでも紹介したとおり
なかなか良い展覧会でしたが、宇都宮美術館もすばらしかったです。

こんど、ゆっくり訪れたい美術館です。







コメント
コメントする








   



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発行の書籍。高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集。

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode