老人福祉施設の計画

昨日は敬老の日でした。

私も今年90歳になる祖母に会いに行きましたが、祖母は毎年海外旅行に行くなど私よりも体力があるのではないかと思うくらい元気です。

祖母は実家で叔母と同居していますが、世間では老人ホームに入れない待機老人が多くいらっしゃいます。今後も、ますます施設に入れない老人が増えることが予想されます。

横浜事務所では、幼稚園・保育園の計画と同時に、有料老人ホームやグループホーム等の老人福祉施設の計画も進行中です。

「終の棲家」としての施設は保育園とは対極にあるように思いますが、基本的な部分では同じです。
居心地や安全性を重視し、風通し、日当たりがよい施設の計画をする事は、どの建築の設計にも共通することです。

先日、TVで京都大学大学院工学研究科の外山義教授の事を放送していました。外山教授はすでにお亡くなりになっていますが、ユニットケアや老人の住環境の改善を推進した方です。

「生命力をしぼませない“住環境”が大切」と外山教授はおっしゃていました。
そのとおりだと思います。

老人ホームは入居しそこで暮らすわけですから、まさに「家」を造ることになります。今まで暮らしてきた家が当然ある訳ですが、施設での暮らしも今まで以上に良いものであるような建物にしたいです。





コメント
コメントする








   



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発行の書籍。高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集。

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode