「こどもの体が危ない!」ボーネルンドのセミナーに参加してきました。

 昨日は、ボーネルンド主宰のセミナーに行ってきました。

「こどもの体が危ない!」というテーマです。

講師は山梨大学准教授の中村和彦さんです。先生はこどもの発育に関する研究をされていて、
NHKの「からだであそぼ」と言う番組を監修されています。

先生の話によると、日本のこどもは危機的な状況にあるといいます。
こころの問題や体の問題など、問題は山積みです。

「こころの危機」として

・ストレスの増加
・意欲の欠如
・判断力の低下
・工夫することができない
・情緒や感情表現の欠如
・社会性のないこどもたち

「からだの危機」は

・体力の低下
・動作の未発達
・運動量の減少
・けがの増加
・生活習慣病の増大
・アレルギー、体温異常の出現

などなど・・・

まさに、日本の子供たちは危機的状況です。

あそびを通してさまざまなことを学んでいくと言う事が不足しているということです。

私たちが子供のころは(30年くらい前でしょうか)学校が終わった後は
かんけりやかくれんぼなどして日が暮れるまで遊んだものです。

最近はというと、TVゲームや塾などが中心になっているように思います。

また、便利な生活がこども達の体力低下を招き、さらにコミュニケーションをダメにしているひとつであると言う事。

今あるものを否定するわけではありませんが、便利になりすぎるのもどうかと思ってしまいます。

幼稚園や保育園などの幼児施設を多く担当させていただいている中で、設計者としてこども達のすこやかな成長を手助けできればと思います。
昨日のセミナーは設計者として、そしてこどもの親として考えさせられるセミナーでした。




コメント
コメントする








   



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発行の書籍。高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集。

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode