内藤廣講演会に行ってきました。

先日、建築家の内藤廣氏の講演会に行ってきました。

会場は東京大学の弥生講堂・一条ホールです。


この講堂は建築家の香山壽夫氏が設計し、2002年度の日本建築学会作品選奨に選ばれた建物です。こちらの建物はまたの機会に紹介したいと思います。

本題に戻りますが、講演会のテーマは「アアルトが教えてくれたもの」です。アルヴァ・アアルトはフィンランドを代表する建築家で、1976年に亡くなりましたが、自分も好きな建築家の一人です。



内藤氏がアアルトの建築を見て廻った時の感想やアアルトの建築について自分なりの解釈という事でしたが、非常に興味深い話が聞けたと思います。
また、内藤さんの建築観も聞くことができ、非常に勉強になりました。



先週の室伏先生の講演でも出ていましたが、内藤氏も「内と外」の関係性について話をされていました。コンセプトにもとづく空間(建築)のあり方や造り方はお二人とも違いますが、それぞれ興味深いものでした。

建築を造っていく中で建築に対する自分のテーマ(=コンセプト)を持つことは大切ですし、持つべきだと思います。

社会において、建築家のなすべき事やあるべき姿について、大学における建築授業の現状についての話も聞けましたが、特に今回は建築についていろいろ考えさせられる講演会でした。



コメント
コメントする








   



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発行の書籍。高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集。

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode